みなさんこんにちは😊⭐️

みなさんは、ある日突然、歯に激痛が走った……

こんな経験はありませんか?

多くの場合、その原因はむし歯です。
そのため、できるだけ早く歯科医院で治療を受けなくてはなりませんが、歯痛はいつ襲ってくるか分からないものです😢

歯科医院に相談したくてもできないときには、どうすればよいでしょうか?
今回は、そんな事態で役に立つ「歯痛を抑える応急処置」についてご紹介します!

 

鎮痛剤で歯痛を和らげる

むし歯ができたにもかかわらず放置したり、歯科治療で抜歯や歯の神経を除去したあとには、強い痛みに襲われる場合があります。

この際は、我慢せずに鎮痛剤を飲むようにしましょう。
代表的なものとしては、歯科医院で処方してもらうロキソニンがあります。
なお、同じ成分のものは薬局でも購入でき、ここでは「ロキソニンS」という製品名で販売されています。

なお、歯科治療後の痛みは徐々に治まる場合がありますが、放置したむし歯などの痛みは必ず再発します。

鎮痛剤はあくまで応急処置であると考え、早めに歯科医院へ足を運ぶようにしてください。

患部を冷やしてみる

歯痛の主な原因は歯の中の血液量の増加による神経の圧迫です。
そのため、血液の流れを一時的に抑えるために患部を冷やすのは効果的です。

氷や保冷剤などをタオルで巻き、外側から患部を冷やしてもよいですし、氷を口に入れて直接冷やすという方法もあります。

効果があるようなら、その両方を行うのもよいでしょう。
ただし、歯周病や知覚過敏、抜歯による痛みの場合は、冷えることでより痛みが増すケースもありますのでご注意ください。

あくまでむし歯のときに使える方法だと覚えておきましょう。

口腔の清掃を行う

むし歯などで歯に穴が空き、そこに食べカスが浸入することで歯痛が引き起こされるケースもあります。

この場合の対処法は、とにかく口腔をキレイにすること。
ブラッシング時は痛みが増すかもしれませんが、少しだけ我慢して食べカスなどをしっかり取り除きましょう。

なお、歯みがきだけでなく、口ゆすぎも効果的です。
直接ブラシを当てるのが難しいような場合は、やさしく口をゆすいでみてください。
そのほか、なかなか取り除けない食べカスは、デンタルフロスを使うのがおすすめです。

絶対にしてはいけないNG行動

最後に、歯痛が起こった際にしてはいけない行動もご紹介しておきましょう。

まずは痛みのある歯に刺激を加えること。
強く噛んだり叩いたりしても、痛みはなくなりません。安静にすることを心掛けてください。

次に、飲酒は厳禁と覚えておきましょう。酔って中枢が麻痺すれば痛みが一瞬和らぐかもしれません。

しかし、血液の循環がよくなってしまうとさらに強い痛みに見舞われます。
血圧を上げるという意味では、熱いお風呂や激しい運動もNGです。

まとめ

今回ご紹介したのはあくまでも場当たり的な応急処置に過ぎません。

根本的な解決ができていなければ、痛みが再発してしまうでしょう。
歯痛が起こった場合は、必ず歯科医院に相談してください!!

ブログ担当 歯科衛生士 上出でした🌼

たくま歯科オンライン無相談はこちらから✨

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/