こんにちは😊

皆さんは歯のお掃除をしていて、歯と歯の間の汚れが取れにくかったり、歯に挟まったりした物をそのまま放置してしまった経験はありませんか?

歯と歯の間は歯ブラシが届きにくく、お掃除がしづらい場所だと思います。そこで歯と歯の間をお掃除する時の清掃器具ですが‥‥

一般的にはデンタルフロス歯間ブラシがあります。

通常、歯間に空隙がある場合や、歯肉退縮により歯間乳頭部に空隙が認められる場合には「歯間ブラシ」、空隙がなく歯間ブラシが使用できない場合には「デンタルフロス」を用います。ただ、デンタルフロスでのプラーク除去はう蝕予防としては低く、歯間ブラシでの清掃時も同様で、フッ化物配合歯磨剤を一緒に使用することをオススメします。

そして、定期的に歯科医院での検診とフッ素塗布をすることで、う蝕予防効果が更に期待されます。是非お試ししてみて下さい。

 

 

 

 

担当は歯科衛生士山田でした😊

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談