みなさんこんにちは🌞

今回は、天候と歯の関係性について本日はお話しします!🌤

雨が降ると古傷が痛むと言うように頭痛や膝、腰、捻挫をしたことがある部位など天気が悪いと少し痛むことがある方も少なくないのではないでしょうか?

実はそれらと同じで歯も痛むことがあるのです!

しかし、なぜなのでしょうか?

それは、気圧が関係していると言われています。天気が悪くなる日は「低気圧」とよく耳にしますよね。 この、低気圧が歯が痛むことに大きく関係します。

歯の中には神経があることは皆様ご存知かと思います。

その神経が入っている部分の圧力が高まり、神経を刺激してしまい痛みがでてくることがあるそうです。 その為、天気が良くなると痛みが引くので、放置してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。😓

天気が悪いからといって全ての歯が痛むわけではありませんよね。

天気が悪い日は歯の悪いところが見つかりやすい日なのです。⛈

痛みが引いたからといって放置してしまうと、後々、悪化してしまい大掛かりな治療が必要となってしまうケースもあります。

そうなる前に少しでも痛いところがあれば是非ご相談ください!

ブログ担当 歯科衛生士 上出でした🦷🌟

たくま歯科オンライン無相談はこちらから✨

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/