こんにちは😃

口呼吸由来の歯肉炎では、プラーク沈着が直接の原因ではありませんが、口腔衛生状態が不良なほど悪化するため、口腔内を清潔に保つことも大切です。

口呼吸は雑菌が直接咽頭に入ることにより、全身の健康面でのトラブルだけではなく、低位舌や口腔周囲筋の機能低下の原因にもなり、歯並びにも悪影響を及ぼします。

お子様自身に鼻呼吸を意識してもらう為にも、日常生活で口腔周囲筋のトレーニングを取り入れるようにしてもらいましょう。

 

口呼吸によって起こる可能性のある主な病気

歯周病・虫歯・ドライマウス・口臭・顎関節症・消化器系・呼吸器系・アレルギー疾患・膠原病・うつ病・パニック障害・全身倦怠  などです

 

鼻呼吸をする為に大切なこと

舌の位置を正しい位置に戻す(低位舌)

 

 

 

 

あいうべ体操で口輪筋・咀嚼筋・舌筋を鍛える

 

 

 

 

口呼吸テープを貼って寝る

 

お子様の時から鼻呼吸を意識することで、健康な生活をおくれる為の習慣づけになると良いかと思います。

 

 

担当は歯科衛生士山田でした

 

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談