こんにちは😊

6歳頃になると大人の歯(永久歯)が生えてきます。

最初の永久歯は奥歯に生えてきて、その歯の事を6歳臼歯と呼びます。

 

6歳〜7歳頃では

6歳臼歯の仕上げみがきをする時には、歯ブラシをお口の横から入れて、噛む面(咬合面)を1歯ずつみがいてあげます。

お子様がご自分でみがく時には、えんぴつを持つように歯ブラシを持ちます(ペングリップ)。細かな動きはできるようになっていますが、6歳臼歯などは磨き残しができやすい為、まだ仕上げみがきが必要です。お子様がみがく時の歯ブラシは、乳歯だけの時よりも、ひと回り大きい物を使うようにします。(混合歯列用歯ブラシ)

 

9歳〜12歳頃では

前歯の永久歯が生え揃い、しばらくすると臼歯の生え変わりが始まります。今まで通り生えたての歯は虫歯になりやすく、年齢的にも保護者さまの目が離れてしまいがちです。変わらず口腔内のチェックをする必要があります。

 

12歳頃〜では

6歳臼歯の奥から12歳臼歯が生え始めます。6歳臼歯の時と同じく、生えたての歯の時は一段低くなっているので、注意して丁寧にみがくようにします。この頃には乳歯はすべて抜けているので、大人と同じ大きさの歯ブラシを使います。

 

 

歯ブラシを選ぶ際には、お子様のお口の大きさや、使いやすさを考えて選んでみましょう😊

担当は歯科衛生士山田でした

 

 

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談