こんにちは😊

子どもの歯が生え始めたら、歯みがき習慣の始まりです。歯ブラシは仕上げみがき用の物を使いましょう。

 

仕上げみがき用と乳幼児用の歯ブラシ

仕上げみがき用歯ブラシは、持つ所やネックが長く、ヘッドが小さいのが特徴です。仕上げ磨き歯ブラシいらすと に対する画像結果

 

仕上げ磨き歯ブラシいらすと に対する画像結果

 

 

仕上げみがき時の姿勢は

お子さんを仰向けに寝かせて、頭を仕上げみがきをする人の膝の上にのせます。そうすることでお子さんのお口の中を良く見ながらみがくことができます。

 

 


仕上げみがきの仕方

歯の表面や噛む面は、歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあてて、各面を2歯ずつ10回位小刻みに動かしてみがきます。歯の裏面は、前歯は歯ブラシを縦にして1歯ずつみがきます。下の奥歯裏面は、舌があるので難しい所ですが、歯ブラシの毛先を歯肉側に向けて、歯に対して斜めに当てるイメージでみがいてあげると効果的です。

 

本人みがきの始まりは

自分で歯みがきをしたがるようになったら、歯ブラシに慣れる為、そして少しでも自分でみがけるように歯ブラシを持たせてみます。お子さんが使う歯ブラシは持つ所が太く、柄の長さが短い幼児用を使うようにします。持ち方はグー握りです。注意事項としては、歯ブラシをお口にくわえたまま歩き回って、転倒するとケガをすることがありますので、保護者様の目の届く範囲で座らせて行うようにして下さい。

担当は歯科衛生士山田でした

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談