こんにちは😃

お口の中や舌には神経細胞がたくさんあります。舌を動かすことで神経が刺激されて、脳が活性化するので老化防止に役立ちます。

また顔には、表情筋と呼ばれる約30種類の筋肉があるのですが、舌はこの表情筋と繋がっているので、舌を動かすことが表情筋のエクササイズになり、シワやほうれい線、口元のたるみや、二重あごを防ぎ小顔効果にもなります。

他にも舌を動かすことで唾液の分泌が良くなって、口内環境を整えてくれます。口臭が気になる人は原因として、舌や口をあまり動かさない人、話をしない時間が長い人など、ドライマウスになっていることが多いので、舌を動かして唾液を出すことで口臭予防にもなります。

また唾液は口の中を中性化にして、食後に歯の表面が酸性化して柔らかくなることを抑えて歯を守ってくれます。

舌の筋肉も使わなければ衰えてきますので、舌を動かして健康、容、歯と様々な効果に役立てましょう。

担当は歯科衛生士山田でした🌼

 

 

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談