みなさんこんにちは🌞

今回はお口の力弱っていませんか①、②、③、④、⑤に引き続き舌でうまく噛めないという項目についてのお話です。

日頃、食べ物を噛んでいて「噛みつかれて」しまうことはありませんか?また、固いものや、よく噛まないと飲み込めないものを意識的に避けていたりしていないでしょうか。

気がつくと、あまり噛まなくてもいい、柔らかいものばかり食卓にあがっていることがあります。こうした「噛み続ける力」が落ちているのも、口が弱っていることになります。

こんな項目に当てはまっていませんか?

・固いものを避けたり、柔らかいものばかりを食べていませんか?

・食事中に疲れたりしませんか?

こうした項目に当てはまる方の対策法は?

舌の動きや噛む力を鍛えましょう!

「噛み砕く力」に似ていますが、舌や頬、顎が巧みに動いて噛み続けられるか、色々な性状の食べ物(硬かったり、柔らかかったり、パサっとしていたり、ドロっとしていたり)を食べられるか、右の歯と左の歯、両方を使って食べられるか、そうした点に関わります。

そこで、舌の動きを鍛える咀嚼運動トレーニングを紹介します!

この写真のようにサキイカや唾液で溶けず噛み切りにくい食材を左右に動かします。

手を使わず、舌や頬の動きだけで左右に動かします。(手を添えているのは落とさないためです)

この動作を左右で1回とし、10回行いましょう!

上手く噛めないという方は是非この運動を続けてみましょう!

ブログ担当 歯科衛生士 上出でした🦷🌟

たくま歯科オンライン無料相談はこちらから✨

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/