新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します🙇‍♀️🎍🌅 

今年も皆さんにとって素敵な一年となりますように…✨

さて、今回はCAD/CAM冠についてお話したいとおもいます!

CADCAM冠によって、 保険でも白い被せ物が選択できます!
従来の健康保険制度では、強度の問題で前歯以外の歯の被せ物は銀歯以外を選択することは困難でしたが、 昨今の健康保険制度の変更によって、保険診療でもある程度の強度が担保される白い被せ物が選択できるようになりました。

CAD/CAM冠とは?
保険適用になった CAD/CAM冠 CAD/CAM(キャドキャム)とは、コンピューターでデザインし、製作するComputeraided design/Computer aided manufactureの略です。

保険適用の白い歯・CAD/CAM冠は治療で銀歯しか選択肢がなかった歯を白くできます。 笑ったときに見える奥歯のかぶせ物を減らせるのは笑顔の美しさ、そして自信にもつながります。

どんな場合に使えるのか?
保険診療できる白い歯CAD/CAM冠は5番目までは無条件で適応、6番目は7番目が全部ある場合のみ。病院での金属アレルギーの診断があれば、全ての歯が適応されます。 CAD/CAM冠はインレー、いわゆる部分的な詰めものにはできません。 歯にかぶせるも のが対象になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAD/CAM冠のメリット
1 歯に似た白色なので、銀歯より見た目がよい。
2 金属アレルギーが起こりにくい。
3 治療期間を短縮できる。
4 保険適用なので安価でできる。

CAD/CAM冠のデメリット
1 使用中に磨耗が生じる。
2 歯ぎしりや食いしばりが強い方には向かない。 ×
3 銀歯のかぶせ物に比べてはずれやすい場合がある。
4 セラミックほど色のバリエーションがない。 (だんだんと表面が劣化し、艶がなくなります。)

今まで保険でできる奥歯のかぶせものは銀歯しか認められていませんでしたが、新たにCAD/CAM冠(キャドカムカン)と呼ばれる白いかぶせものが保険適用になりました。🦷✨
レジン(プラスチック)とセラミックを合わせたハイブリッドレジンと呼ばれる白い素材で作ります。
保険適用外のオールセラミック冠に比べると、強度や色調の正確性は劣りますが、費用を抑えることができ、周囲の歯の色に調和したものを入れることができます。さらに金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配もなく、体に負担の少ない素材です!✨
CAD/CAM冠は保険診療の制度上、すべての歯に適用できるものではないので注意が必要です。
しかし条件を満たしていれば、銀歯をCAD/CAM冠に交換することをおすすめします😁

⤵️たくま歯科オンライン無料相談はこちらから⤵️

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

☃️ 歯科衛生士 伊藤 ☃️