こんにちは😃

再植とは外傷や事故などで歯が抜けてしまったり、治療しても上手くいかない歯を一度わざと抜いて、再度歯を元の場所に戻すことをいいます。

自分の歯が元の場所に戻るだけなので、生体に対して優しく、体が拒絶反応を起こすことはありません。ただ、歯根の周りにある歯根膜という靭帯が生きていることが重要です。歯根膜は顎の骨と歯根を繊維でつないでいるので、再植が成功する為には、歯根膜にある細胞が生きて、顎の骨と歯根をつなぐように働いてくれることが必要です。

怪我や事故で歯が抜けてしまった場合は、歯根膜が残っていて損傷していないことと、汚染されていないことが必要です。歯が抜けて汚れてしまっても、ゴシゴシ拭いたり洗ったりしてはいけません。歯を乾燥させないように専用の保存液や、保存液がない場合には牛乳の中に入れたり、軽く汚れをとって口の中に入れて歯科医院に行くようにして下さい。

歯科医院で意図的に一度抜いて再植する時は、歯の根の部分に大きな病巣ができていたり、根の治療をしても治らない場合だった時に、一度歯を抜いて病巣をキレイにしてから元の場所に戻すこともあります。

再植は歯の状態によっては必ず上手くいくとは限りません。歯科医師の説明をしっかりと聞いて確認したうえで、判断した方が良いと思います。

担当は歯科衛生士山田でした

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談