高齢になるとお口の状態が変化し、むし歯や歯周病になりやすくなります。

これまで歯の健康に自信のあった方でも、知らないうちに病状が悪化して、削る・抜く等の処置となり、大きなショックを受けられることがあります。

🦷こんな症状ありませんか?🦷

⚫︎歯ぐきが下がってきた

加齢や歯周病、歯ブラシのこすりすぎ、歯ぎしりが原因で歯茎が下がると、歯の根元がむき出しになります。根元はエナメル質という鎧がないため、むし歯になりやすく、知覚過敏を引き起こしやすくなります。

 

 

 

⚫︎口の中が渇く

加齢や薬(降圧剤やパーキンソン剤など)の副作用で唾液の分泌が減ってきます。唾液には口の中の洗浄・殺菌作用があるため、唾液量が少なくなるとむし歯や口臭が発生しやすくなります。

 

 

 

⚫︎口の中が臭う     

口臭は、唾液分泌の低下、歯周病、磨き残しによる口腔環境の悪化が主な原因です。特に入れ歯やブリッジ、歯の喪失が混在していると食べカスが残り不衛生になりがちなので、適切なケアが必要となります。

 

 

 

⚫︎歯ぐきが腫れやすい

お口のお手入れ不足や、唾液の分泌量が減って口腔内の自浄作用が低下すると、歯肉の炎症(歯周病)が起きやすくなります。放っておくと症状が悪化して歯が抜け落ち、正常な食事ができなくなります。

 

 

 

 

🦷高齢者に多い歯の病気🦷 

ずっと自分の歯で食事ができるよう、定期的なメンテナンスに来ていただくことをお勧めします🦷✨

⬇️たくま歯科オンライン無料相談はこちらから⬇️

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした🎀