自分の意志とは関係なく他人のたばこの煙を吸ってしまう受動喫煙・・・

特に発達中の子供は大人よりも深刻な影響を受ける可能性が大きいのです 🙁 !

 

・受動喫煙がもたらす子供への影響🚬

低体重児出産 小児がん 発育障害 乳幼児突然死症候群

呼吸疾患 注意欠陥・多動性障害 身体発育の低下

虫歯 歯周病 歯肉の着色

 

父親の禁煙は子供が生まれてからでは遅い?

生まれた我が子の為に禁煙を始める男性も多いですがそれでは遅すぎるという

研究結果が発表されました。たばこの煙が父親の精子細胞のDNAを傷つけ損傷したまま子供に遺伝。

精子細胞は約三カ月で成熟するためお子さんをお考えの男性は90日以上前からの禁煙が必要です。

子供の未来を奪う母親の喫煙

妊娠中の喫煙は胎児の発達障害や早産の原因にもなります。

タバコを吸う妊婦さんは吸わない妊婦さんに比べて低出生体重が約2倍。早産の危険性は約3倍。

また、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供の場合母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度

高いことが明らかになっています。

受動喫煙で子供の虫歯が2倍に

家族の吸うたばこの煙にさらされた子供は家族に喫煙者がいない子供に比べて三歳までに

虫歯になる可能性が約2倍という研究が発表されました。受動喫煙により唾液の成分が変化し

虫歯の原因菌が活性化。歯垢がたまりやすく虫歯ができやすくなるそうです。

また、歯肉のメラニン色素沈着や歯周病のリスクが高くなることも報告されています。

 

子供はタバコの煙が有害であることを知りません。特に親が喫煙者の場合タバコの煙に無防備で

 大きな影響を受ける可能性が高くなります。未来の子供を守る為にぜひ禁煙を検討してみて下さい

 

このブログに書いてあることでの質問や疑問、また診療に関する質問などを

 オンライン無料相談を通してお答えすることも出来ます 🙂 

 下にありますリンクをクリックして頂くと専用のページにつながります🌷

   是非ご利用ください♪

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

ブログ担当は歯科衛生士 小川でした😊