こんにちは 😊  今日は虫歯や歯周病の原因にもなるバイオフィルムについてです。

バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、数種の細菌がコミュニティーを作って増殖した膜状のものです。例えば、台所やお風呂場の排水口などのヌルヌルした膜もバイオフィルムです。

お口の中でいうと、歯の表面に細菌が層をなして推積し、ヌルヌルになった状態のもので、細菌の塊である歯垢(プラーク)が長時間とどまって、膜のようになったものがバイオフィルムです。

食後、時間が経過していない歯垢は、ハミガキで除去できますが、バイオフィルムの状態になってしまうと、歯科医院での専用の器具や機械を使用してのクリーニングでないと、取り除くのが難しくなってしまいます。そうなる前に、『食べたらみがく』の習慣で、ご家庭でのお手入れに気を付けて、虫歯や歯周病から歯を守りましょう。

 

担当は 歯科衛生士山田