年齢による口腔内、生活環境の変化によってむし歯のリスクは変動します。

各ライフステージにおけるリスクを知って、むし歯の予防を心がけましょう!

 

 

 

 

<幼児期> 生後6か月頃

  乳歯が生え始める

・離乳食が始まる

・未成熟なエナメル質(乳歯)

・唾液腺の未発達

 

 

 

 

<幼児期> 3歳頃

 乳歯が生えそろう

・親の唾液からむし歯菌が感染しやすい

・親と同じものを食べ始める

 

 

 

お子さんの虫歯予防には、定期的なフッ素塗布が効果的です!

 

 

<学童期>6歳~10歳頃

永久歯が生え始める

・未成熟なエナメル質(永久歯)

・乳歯と永久歯が混在した凹凸の歯並び

・自分で歯磨きするようになる

・親の仕上げ磨きがなくなる

 

<思春期>12歳~18歳頃

永久歯が生えそろう

・お小遣いで買い食いができる

・部活でスポーツドリンクを頻繁に飲む

・成長ホルモンの変化で歯肉炎が増える

 

 


生活習慣や環境の変化で、むし歯になるリスクが高くなります!

 

<成人期・妊娠期>20歳~50歳

 歯質が成熟する

・働き盛りで歯医者に通う時間がない

・歯肉炎の原因となるタバコやお酒がokになる

・治療した歯が再びむし歯になりやすい

・唾液pHの低下(妊娠期)

・内分泌機能の低下(妊娠期)

 

<高齢期>60歳以降

 歯質の衰えがみられる

・歯肉が痩せて歯の根が見える

・生活習慣病が増える

・唾液分泌量の低下

・咀嚼機能の低下

 

 

これまでの生活習慣や歯のケア不足が原因で、歯の喪失率が高くなります!

むし歯や歯周病の発症を未然に防ぐために、定期健診をオススメします!

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤 でした😊