旭川市の歯医者なら、専門のスタッフがいるたくま歯科医院にお任せください
投稿
  • HOME »
  • たくま歯科ブログ

たくま歯科ブログ

🦷歯のつくコトバ①  2021年5月7日(金)

🦷歯が浮く

軽薄な言動に接して不快な気持ちになる 😥 

「歯の浮くようなセリフ」を聞いても嬉しく感じないように

実際に歯が浮いた状態になると集中できなかったり硬いものが

咬みにくいなどの影響が出ます。

むし歯や歯周病による炎症、歯ぎしり疲労などの原因が考えられるため

                       歯医者さんに行くことをおすすめします✨

 

 

🦷歯を食いしばる

苦痛や怒り、無念さなどを耐え忍ぶこと 😡 

痛みに耐えたり瞬発的な力が必要な時だけでなく仕事や趣味など

何かに集中している時も食いしばっている方は要注意です。

本人が気づかないまま食いしばりが習慣化してしまうと

知覚過敏、顎関節症、歯周病、歯のひび、割れなどの原因になることもあります。

 

 🦷奥歯に剣

敵意を持ちながら、表には出さない事 🙄 

奥歯のように誰にも見えない場所に剣を隠せばいざというときに優位な立場に

なれるという意味から生まれた言葉です。歯科では噛み切る力を補う目的で

メタルブレードという鋭利な金属を人工歯の先端に取り付けたブレード義歯

という治療法があるみたいですよ😲

 

 

 

🦷歯の根も食い合う

非常に親しい間柄のこと💛

上下の歯が根元までがっちりかみ合うほどの深いかかわりを表現した言葉です。

ただし実際に上下の歯が隙間なくかみ合っている方は要注意。

隙間がない=かむ力が逃げられない為歯に負担がかかり歯が欠けたり

割れやすくなることも。かみ合わせの治療をおすすめします。

 

 

知っている言葉や聞いたことはあるけど意味までは・・・という言葉は

ありませんでしたか?😊

まだ歯のつく言葉はあるので次回のブログでお話しますね🌷

オンライン無料相談も受け付けていますのでいつでもお気軽にお問い合わせください。

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

本日のブログは衛生士 小川でした😊

咀嚼回数   2021年4月30日(金)

 

こんにちは😊

 

 

咀嚼とは健康を維持するうえで欠かせない働きを担っています。現代の食習慣の問題点には、食事の質の低下と噛む回数の激減が挙げられます。嚙む回数が減ってしまった原因としては、それほど噛む必要のない食べ物が増えていることだと思います。噛むことは全身の健康にとても重要です。咀嚼で分泌される唾液によって食物の消化や栄養吸収がスムーズになり口腔内環境も整います。

 

 

 

 

咀嚼と体の関係

消化器官                   

・唾液が分泌され、内臓の負担を減らす     ・脳内の血流がアップ各機能が活性化

・消化を助けるアミラーゼが分泌される     ・記憶力が高まる

・滑りをよくして飲み込みやすくする      ・情報の整理能力がアップ

・消化に必要な蠕動運動を促す         ・コミュニケーション能力がアップ

・口の中を殺菌する              ・リラックス効果

・口の中を潤し、粘膜を保護する        ・脳から全身への指令がスムーズに

 

咀嚼を行うには歯がとても大切になります。毎日のお口の中のお手入れや、歯科医院での検診を心掛けてくださいね。

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

無料・歯科健康相談

担当は歯科衛生士山田でした😊

口臭     2021年4月27日(火)

 

こんにちは😊

皆さんは何となく、お口が臭っているような気がしたことはありませんか?

口臭には様々な原因があります。

 

1・口腔疾患が原因 【 歯周病・むし歯・歯垢・食べかすなどです 】

2・病気が原因 【 鼻・喉・呼吸器・消化器・内臓などの疾患 】

3・飲食が原因 【 アルコール・ニラ・ネギ・ニンニク・タバコなどの臭いの強い食品 】

4・生理的口臭が原因 【 起床時・空腹時・ホルモンバランスの不調 】

5・唾液不足が原因 【 唾液の分泌が悪い 】

6・舌苔が原因 【 舌の汚れ 】

 

口臭対策としては・・・

口腔疾患が原因の場合は、歯科医院での検診や治療、ご自身でのお口のお手入れが大切です。

舌の汚れは、食べかすや粘膜細胞の死骸、血液成分(白血球など)がたまったものなので、これらが細菌により分解され揮発性のイオウ化合物が発生します。舌を傷つけないように舌を磨くようにしてください。舌専用のブラシなどもあります。

唾液不足は、緊張・ストレスを感じている時や起床時は唾液の分泌が悪くなって口臭が発生するので、顎のマッサージをしたり、酸っぱい物を食べたり、キシリトールガムを噛んでみてください。

何より身体の健康が大事ですので、栄養と睡眠をとって規則正しい生活を心掛けましょう。

 

たくま歯科医院オンライン無料相談

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

 

担当は歯科衛生士山田でした😊

 

食べる力を育む 手づかみ食べ👐後期【カミカミ期】 2021年4月27日(火)

カミカミ期とは生後9~11カ月頃をいい上の歯が生えてくる頃です。

この時期は自分でやりたい!とやりたがりの時期です。 😎

🍼カミカミ期の赤ちゃん👶の良い食べ方として

①食事前の赤ちゃんの手はよく洗いましょう。

②食べ物は赤ちゃんの手でつかめるサイズを用意します。

 手づかみは目・口・手などを同時に動かす協調運動を伴い指や手で食べ物をつかみ

 口へ運ぶ基本的な動作の訓練につながります。

 ガブリッ👄と前歯を使って食べる大きさを用意しましょう。

③手づかみ食べは乳幼児が道具を使って食べるようになるための大切なステップです。

 自分の手や指が自由に動かせるようになるとスプーンやフォーク、お箸といった道具上手に

 使って食べることができます。

 

手づかみ食べは赤ちゃんの脳や体、心の発達のために大切なことです。

優しく見守りましょう :-)  本日のブログは衛生士 小川でした🍝

 

オンライン無料相談も受け付けています 🙂 

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

食べる力を育む👏  補食 中期【モグモグ期】 2021年4月26日(月)

モグモグ期は生後7~8カ月頃で下の歯が生えてくる時期です

補食とは・・・

上唇を下げて自分から食べ物を口の中に取り込ませるような食べ方の事です🥄

①下唇にスプーンが触れると口に取り込む準備をする。

②上唇でペーストを口の中に取り込む⇒補食

③ペーストを舌の奥に送って飲み込む。

 

👆補食のポイント👆

・口に運ぶ前に食べ物をよく見せて興味を引き出しましょう。

・舌の前方にスプーンを置いて自分で食べ物を取り込むように導きましょう

・舌が上下に動くようになると舌と上あごで押しつぶして食べられるようになるので

 押しつぶせることを意識した調理にしましょう。

・舌の上に食べ物がないことを確認してから次の食べ物を運びましょう

・出汁や野菜のゆで汁を使い薄味で調理しましょう

写真は調理されたモグモグ期の例になります 😛 

今回のブログでは補食についてのお話を簡単に

まとめました🎵

次回は手づかみ食べのお話をしますね👐

 

本日のブログ担当は衛生士 小川でした😊

 

オンライン無料相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい😊

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

唾液検査シルハ    2021年4月26日(月)

 

こんにちは😊

唾液検査シルハとは・・・わずか5分でオーラルケアに関する6項目を、唾液成分で同時に測定することができます。

 

歯の健康に関する項目(①むし歯菌・②酸性度・③緩衝能

むし歯が多いと歯垢がつきやすくなります。また、酸性度と緩衝能は歯の溶けやすさと関連することが知られています。

歯ぐきの健康に関する項目(④白血球・⑤タンパク質

歯ぐきに炎症や出血があると唾液中の白血球やタンパク質が多くなることが知られています。

口腔清潔度に関する項目(⑥アンモニア

アンモニアはお口の細菌の多さの指標になり、口臭の原因にもなります。

 

検査の流れとしては・・・

1・少量の洗口液で、お口の中全体にいきわたるように10秒間しっかりとすすぎます。

2・お口をすすいで終わった液を専門の分析機で検査します。

3・5分で検査が完了ですぐに結果がわかります。

検査前の注意事項としては、検査当日、採取前2時間は飲食・喫煙・歯磨きは控えるようにしてもらいます。

お口の環境は、年齢・性別・生活環境など、人それぞれに様々な影響を受けて変わります。目で見える歯や歯ぐきの状態だけではなく、目に見えない唾液の質やお口の状態を調べることができるので、むし歯になりやすいなどもわかり、お口のタイプに合わせた予防やセルフケアの方法もお伝えできます。お口の健康状態に不安やお悩みをお持ちの方、日々の健康チェックの参考にしたい方など、ご自身の口腔内の状態を知るチャンスかもしれないですよ!

 

当医院はオンライン無料相談を行っています。些細な事でもよろしいので、ご連絡お待ちしていますね😊

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

担当は山田でした

 

食べる力を育む💪 初期【ゴックン期】  2021年4月23日(金)

ゴックン期とは生後5~6か月で歯はまだ生えていない子が多いです。

🥄食べる時の姿勢🥄

唇を閉じて飲み込む練習をする時期です。大人が食べているのをじっと見ていたり

よだれが出てきたり口をモグモグ動かす様子が見られたらゴックン期!

離乳食をスタートしてみましょう🎵

この頃から大切なことが食べる姿勢です

 

正しい姿勢を取ることで頭部が安定ししっかりと

咬めるようになります。食べるときの姿勢が咬合育成

(歯並びやかみ合わせ)に大きく影響します。

大切なのは足の裏が床にピタッとくっついて

いる事です。

 

 

ゴックン期の食事の写真です 🙂 

おかゆは10倍粥をすりつぶし、硬さの目安は滑らかに

すりつぶした状態にしましょう♪

嫌がるときは無理をせずに時間や硬さをかえて

試してみましょう!

次回のブログではモグモグ期についての内容をお話します🌼

本日のブログは衛生士 小川でした🐶

オンライン無料相談も行っていますのでお気軽にご相談下さい😊

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

金属アレルギーとは? 2021年4月23(金)

金属アレルギーについてお話します。

🦷口の中の詰め物が原因?🦷

ネックレスなどの金属が肌に触れることで、皮膚に湿疹やかぶれなどの症状を引き起こす金属アレルギー。実は、口の中の金属の詰め物が原因で起こることがあります。金属アレルギーには個人差があり、自覚症状は全くでない人もいれば、皮膚に発疹ができる、手の足や皮がむける、などの症状が出る人もいます。歯の治療では、金属の詰め物をして何年も経ってから突然発症することもあり、すぐに症状が現れるとは限らないので、口の中の金属が原因だとは思わない人が多いようです。

🦷金属アレルギーのメカニズム🦷

歯の治療で使用する詰め物や被せ物の金属材料には、水銀アマルガムや金銀パラジウムなど、アレルギーを起こしやすい金属が使われています。この金属が唾液で溶け出し金属イオンとなり、体内でタンパク質と結合し、新しいタンパク質をつくります。これが異物とみなされると、免疫が過剰反応し、アレルギーの症状を引き起こします。

 

当院では、みなさんの健康を考え、セラミックの詰め物、被せ物をオススメしております🦷✨

是非、お気軽にご相談ください。

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした😁✨

無料・歯科健康相談

 

位相差顕微鏡とは   2021年4月22日(木)

 

こんにちは😊

位相差顕微鏡ってどんな顕微鏡かな?って思いませんか?

位相差顕微鏡とは光学顕微鏡の一種で、お口の中にいる細菌を拡大して映し出し、観察できる特殊な顕微鏡のことです。お口の中には数百種類の細菌が住みついていて、患者さんそれぞれ、お口の中にいる細菌の数や種類は違います。たくま歯科医院では、来院して頂いたほとんどの患者さんのお口の中の細菌の状態を、位相差顕微鏡を使って確認させて頂いています。お口にどんな種類の細菌がいるのかがわかることで、その人にあった歯周病治療やお薬の処方、セルフケアの仕方を伝えることができます。

更に詳しく、ご自身の口腔内細菌の種類や量をお知りになりたい方には、位相差顕微鏡でも確認する事ができないお口の中の細菌を、リアルタイムPCR法というDNA検査でお調べできます。ご興味があったら保険外治療にはなりますが、お声をかけてくださいね。

たくま歯科医院では、オンライン無料相談も行っていますので、ご質問、ご相談などございましたら活用してみてくださいね。

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

担当は 歯科衛生士山田でした

歯科のレントゲン撮影は安心安全です 2021年4月20日㈫

放射線による被ばく線量をご心配の患者さんも中にはいらっしゃいます。

今回は歯科のレントゲン撮影は安心・安全ですということを知っていただけたらなと思います。

歯医者さんで撮影するレントゲン(X線)の放射線量は、機種や撮影場所によって多少異なりますが、胸のレントゲン写真や、自然界で1年間に受ける放射線量に比べて、極めて少ない値です。ご心配の方も見えると思いますが、人体に影響を及ぼすレベルには程遠いのでご安心ください。

なぜレントゲンを撮るの❔

歯科の病気は、症状を聞いてお口の中を除くだけで全体像を把握できるケースは極わずかです。むし歯の進行範囲や歯の根、骨の状態など、目には見えない病気の発見と的確な診断、治療を行うため、レントゲンを撮影しています。

シーベルトとベクトルの違いは❔

シーベルト(Sⅴ)は、放射線が人体に与える影響を表す単位です。

人の被ばく線量は、このシーベルトを目安にしてください。ベクレル(Bq)は、物質が出す放射線量を表します。

1ミリシーベルト(mSV)=1シーベルト(SV)の1000分の1

レントゲン撮影で放射線物質はでないの

歯科のレントゲン撮影に使われる【X(エックス)線】は人工的に作られた放射線ですが、放射能を出す【放射線物質】とは無関係です。撮影すると周囲の物質に吸収されて、跡形もなく消え去るため、レントゲン室に放射線が蓄積されることもありません。

レントゲンについて不安や疑問のある方は、スタッフまでお気軽にご相談ください😌

また、オンライン無料相談もお気軽にご使用ください🌷

無料・歯科健康相談

ブログ担当は 歯科衛生士 伊藤でした🐹

QOLの向上と歯の関係 2021年4月19日(月)

いつまでも自分の口で食べられることは、大きな楽しみでもあり、生きる意欲につながります。

歯の健康は、食べることだけではなく、脳や体も元気にして、若さを保ち、QOL(生活の質)を向上させてくれます😁✨

 💡 クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life=QOL)とは?

生命の質」「生活の質」「人生の質」の度合いを意味します。

人生は日々の生活の積み重ねです。人生の質を高めることは、生活の質を高めることです。

※生活とは、一日の生活で行う、食事、排泄、洗面、歯磨き、身支度、会話、移動、仕事、勉強などを意味します。

QOL向上には、健康であること、特にお口の健康が必要不可欠です!

 

🦷お口の健康=QOL🦷

🦷食べる🦷

 

 

 

 

 

よく噛める=おいしい食事が楽しめる

🦷会話🦷

 

 

 

 

 

正しい発音=いつまでも会話が楽しめる

🦷外見🦷

 

 

 

 

 

健康的な笑顔=若々しさを保つ

 

80歳で20本歯を残す自信がありますか

現在、80歳になって20本以上自分の歯がある方は、3人に1人しかいません。

また、75歳以上の方の平均現在歯数は約13本となっています。

歯の喪失は、全身の健康に悪影響を及ぼします。

また、認知症の人ほど口の中にトラブルを抱えており、噛むことが出来ない状態が多いという報告もあります。

みなさん自身やご家族のお口の現状はいかがでしょうか?

お口の状況は日々変化します。まずは歯医者さんで検診を受けて、自分自身の健康状態を知ることから始めましょう! 😀

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした♪

無料・歯科健康相談

 

いざ!😲 禁煙🚬   2021年4月19日(月)

禁煙を始めると体に吸収されたニコチンが抜け出す離脱症状(禁断症状)が現れます。

通常禁煙後3日以内がピークとなり個人差はありますが1~3週間ほどで改善されます。

いたくなった時の対処法

・ゆっくりと深呼吸する ・冷たい水や熱いお茶を飲む ・体を動かす

・糖分の少ないガムをかむ ・歯を磨く 

・成功後のご褒美をイメージする 

・医師の指導で医薬品を使う(ニコチンガム ニコチンパッチ)

 

禁煙中は口がさみしくなりついつい間食しがちになりますが、なるべく糖分の少ない物で

代用するようにしましょう🌷

ブログ担当は歯科衛生士 小川でした😊

 

オンライン無料相談も行っていますのでお気軽にご相談下さい😊

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

口腔乾燥の対処法 2021年4月19日(月)

お口の中が乾燥する口腔乾燥(ドライマウス)はご存知ですか?

今回はその対処法についてお話します😊

口腔乾燥(ドライマウス)とは、加齢や薬の副作用、ストレスなどで唾液の分泌が少なくなり、お口の中が乾きやすい症状のことをいいます。唾液が少なくなることで、お口の粘膜の病気やむし歯のリスクが高くなり、口臭も強くなります。また、口の中が乾燥すると、食事が取りにくくなったり、口の中がネバネバしたり、なかには舌が乾いてヒリヒリする場合もあります。

対処法①🦷 お口のなかを保湿する

⇒専用のジェルやマウススプレーで保湿します。

対処法②🦷 噛むことで唾液の分泌を促します

・ガムなどを噛む(キシリトールや虫歯予防成分配合のものにしてください)

・食事をするときは水分をしっかりとり、噛む回数を増やすよう心がける。

対処法③🦷 舌の運動や唾液腺のマッサージをする

心当たりがある方はぜひマッサージを行ってみて下さい😁

少しやるだけでも唾液が出やすくなります!

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤 でした🌷

むし歯予防は赤ちゃんの食習慣から 2021年3月25日(木)

むし歯は、細菌が原因の病気です。生まれたての赤ちゃんの口の中は無菌ですが、ママやパパのむし歯菌がスプーンや箸などを介して口の中に入り込みます。特に、乳歯が生え揃う1歳半~2歳半頃がもっとも感染しやすいため、注意が必要です。

👶食習慣を見直して、むし歯から赤ちゃんを守りましょう!👶

①赤ちゃんと同じスプーンや箸を使わない

むし歯菌の感染を防ぐために、食器の共有や口移し、硬いものを噛み砕いて与えるのはやめましょう。兄姉の食べかけを放置しないようにしましょう。

②だらだら飲み&食べをさせない

いつまでも口の中に食べ物があるとむし歯ができやすくなります。お子さんがぐずった時に食べ物であやさないようにしましょう。

③糖分の多い食べ物は与えない

砂糖はむし歯の大好物。お菓子やジュースよりも、野菜やフルーツ、シュガーレス・キシリトール入りがおすすめです。

④食べたら磨く

歯の本数や状態に合わせて、ガーゼややわらかい毛先の歯ブラシで優しく磨きます。定期健診もお忘れなく。

 

ママやパパも、出産前からお口の中を清潔にしておきましょう🦷✨

それだけで、赤ちゃんのむし歯は確実にできにくくなります😊!

当院でむし歯治療や定期的な歯のクリーニングをオススメします!

 

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした😁✌

 

よくかんでね    2021年3月23日(火)

 

こんにちは😊

子供達にとって「よくかむ」ということは、しっかりと歯を使って、顎や顔の骨・筋肉を育て歯並びを整えてくれます。かたいものだけではなく、かむ回数を増やしたり、前歯や奥歯をまんべんなく使うことです。

歯医者さんの考える「よくかむ」ためのルール 

1.大きく切る → 大きく切ってかぶりつけるようにしましょう

2.歯ごたえを残す → 野菜の繊維はなるべく残しお肉も脂の少ない物を選びましょう

3.食材の組み合わせ → 違う食材の食感を楽しみながら組み合わせてみましょう

4.水をおかない → 食べる時には食材の水分と唾液で十分なので、よくかまずにお水で流し込んでしまわないようにしましょう

5.足がとどく椅子を使う → 食事中の姿勢はとても大切なので、食卓に座った状態で足がつく椅子か、つかなければ足置きを用意するか、正座にしましょう

6.せかさない → ゆっくりと食事時間を取るようにして、しっかりとかんで食べてもらいましょう

7.プラス楽しむ → 毎日の食事を楽しめるようにプラスαでよくかめる工夫をしてみましょう

 

子供達の成長には歯並びの治療だけではなく、よくかむ事が自分の体を自分の力で育てて成長していくのに必要になると思います。子供達はよくかんでたくさん食べて大きくなりましょうね。

たくま歯科医院ではオンライン無料相談を行っておりますので、気になる事などのご相談がありましたら是非お待ちしております。

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

 

担当は 歯科衛生士山田

タバコについて🚬【食事の大敵】  2021年3月23日(火)

喫煙はがんや呼吸器などの病気の原因になる事は知られていますが

食にもさまざまな影響があります 😥 

たばこの煙には・・・

化学物質4000種類 有害物質200種類 発がん性物質60種類

たばこの煙は空気清浄機では除去しきれない為

どんなに気をつけていても有害物質をまき散らしてしまいます💦

 

★たばこが及ぼす食への影響★

🚬美味しさを感じなくなる

たばこに含まれているニコチンが口の中に残り、味覚や嗅覚に悪影響を及ぼします。

素材の味やうまみに鈍感になり濃い味を求めて必要以上に塩分を取りすぎてしまう恐れがあります。

🚬煙の臭いで食事が台無しに

綺麗な空気は料理の香りや風味を引き立てますが、たばこの煙は

それらを全て台無しにするほど強烈な臭いがあります。食事中の人の隣でたばこを吸うと

どんな料理も美味しく食べられなくなります。

🚬歯周病の原因になり歯を失う

タールが歯石やプラークをつきやすくし、ニコチンが歯肉の血流障害を引き起こします。

やがて歯肉の炎症が加速し歯がぐらぐらに。歯を失えば食事の楽しみが半減するだけでなく

消化不良にも発展します。

 

自分自身や大切な誰かの楽しい食事をたばこで台無しにしてしまわないよう

禁煙を始めてみませんか?☺

オンライン無料相談でもお話を聞くことが出来ますので是非ご利用下さい🌼

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

ブログ担当は歯科衛生士 小川でした

免疫とは    2021年3月19日(金)

こんにちは😊

3月4日の歯周病の予防とケアに「歯周病はバイオフィルムと免疫が病因に関与している」という事と、バイオフィルムについては載せさせて頂きましたので、本日は免疫について簡単に説明しますね。

免疫とは、体内で発生したがん細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを監視し、撃退する自己防衛システムのことです。そして免疫力とは「病気を免れる力」のことです。

 

免疫が下がると・・・

・ウイルス、感染症などにかかりやすくなる

・肌が荒れる

・アレルギー症状が生じやすくなる

・下痢しやすくなる

・疲れやすくなる

 

免疫を高めるには・・・

・腸内環境を整える(免疫細胞を活性化させるには腸内の善玉菌を増やす)

・体温を上げる

・生活習慣の見直し

・適度な運動をする

・十分な睡眠

・栄養のバランスを大切にする

・ストレスをためない

 

免疫力を高める食品とは・・・

・きのこ  ⇒  腸の働きを良くする食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので免疫力を高めるにはお勧めです。

・発酵食品 ⇒  納豆、みそ、醤油、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品には、乳酸菌や納豆菌などの善玉菌が多く含まれており、腸内の善玉菌を増やす効果があります。

・飲み物  ⇒  緑茶、ヨーグルト飲料、はちみつ、プロテイン飲料、生姜ジュース

 

皆さんも日々の生活を見直し、免疫力を高めて歯周病予防につなげてみてください。

そして、口腔内の事で何か気になる点などがありましたら、当医院ではオンライン無料相談を受け付けておりますので、是非活用してみてくださいね。

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

 

担当は 歯科衛生士山田

 

タバコについて🚬【受動喫煙】 2021年3月19日(金)

自分の意志とは関係なく他人のたばこの煙を吸ってしまう受動喫煙・・・

特に発達中の子供は大人よりも深刻な影響を受ける可能性が大きいのです 🙁 !

 

・受動喫煙がもたらす子供への影響🚬

低体重児出産 小児がん 発育障害 乳幼児突然死症候群

呼吸疾患 注意欠陥・多動性障害 身体発育の低下

虫歯 歯周病 歯肉の着色

 

父親の禁煙は子供が生まれてからでは遅い?

生まれた我が子の為に禁煙を始める男性も多いですがそれでは遅すぎるという

研究結果が発表されました。たばこの煙が父親の精子細胞のDNAを傷つけ損傷したまま子供に遺伝。

精子細胞は約三カ月で成熟するためお子さんをお考えの男性は90日以上前からの禁煙が必要です。

子供の未来を奪う母親の喫煙

妊娠中の喫煙は胎児の発達障害や早産の原因にもなります。

タバコを吸う妊婦さんは吸わない妊婦さんに比べて低出生体重が約2倍。早産の危険性は約3倍。

また、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供の場合母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度

高いことが明らかになっています。

受動喫煙で子供の虫歯が2倍に

家族の吸うたばこの煙にさらされた子供は家族に喫煙者がいない子供に比べて三歳までに

虫歯になる可能性が約2倍という研究が発表されました。受動喫煙により唾液の成分が変化し

虫歯の原因菌が活性化。歯垢がたまりやすく虫歯ができやすくなるそうです。

また、歯肉のメラニン色素沈着や歯周病のリスクが高くなることも報告されています。

 

子供はタバコの煙が有害であることを知りません。特に親が喫煙者の場合タバコの煙に無防備で

 大きな影響を受ける可能性が高くなります。未来の子供を守る為にぜひ禁煙を検討してみて下さい

 

このブログに書いてあることでの質問や疑問、また診療に関する質問などを

 オンライン無料相談を通してお答えすることも出来ます 🙂 

 下にありますリンクをクリックして頂くと専用のページにつながります🌷

   是非ご利用ください♪

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

ブログ担当は歯科衛生士 小川でした😊

 

オンライン無料相談を利用してみませんか? 2021年3月15日(月)

こんにちは😊

雪も溶けてきて少しずつ春らしい季節になってきましたね🌸

皆様、体調はお変わりなく過ごされていますでしょうか?

さて、たくま歯科医院で行っておりますオンライン無料相談ですが、

実際に相談してみるのに勇気がいる…と感じている方もいるのではないでしょうか? 😉

【コロナが心配でなかなか通うのに勇気がいる…】【気になっているところがあるけどまずは相談してみたい…。】

などなど、些細なことでも構いません!😁

私たちスタッフがお話を伺いますので、ぜひご気軽にオンライン無料相談をご利用して頂けたらなと思います😊✌

👇オンライン無料相談ご予約はこちらから

https://www.ks-mg.info/ohccs405301/_free/

以前、北海道経済さんにもオンライン無料相談について掲載されました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした ⭐

バイオフィルム    2021年3月8日(月)

 

こんにちは 😊  今日は虫歯や歯周病の原因にもなるバイオフィルムについてです。

バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、数種の細菌がコミュニティーを作って増殖した膜状のものです。例えば、台所やお風呂場の排水口などのヌルヌルした膜もバイオフィルムです。

お口の中でいうと、歯の表面に細菌が層をなして推積し、ヌルヌルになった状態のもので、細菌の塊である歯垢(プラーク)が長時間とどまって、膜のようになったものがバイオフィルムです。

食後、時間が経過していない歯垢は、ハミガキで除去できますが、バイオフィルムの状態になってしまうと、歯科医院での専用の器具や機械を使用してのクリーニングでないと、取り除くのが難しくなってしまいます。そうなる前に、『食べたらみがく』の習慣で、ご家庭でのお手入れに気を付けて、虫歯や歯周病から歯を守りましょう。

 

担当は 歯科衛生士山田

バランスの取れた食事の合言葉 まごはやさしい🏔  2021年3月8日(月)

             食材をバランスよく取ることで、脳や体の成長に必要な

             栄養を得られえ生活習慣病や肥満・老化の予防、疲労回復

             骨を丈夫にする 効果が期待できます😆

 

 

ま⇒まめ    味噌、豆腐、納豆など日本人が昔から食べてきた豆類には

       良質のたんぱく質・ミネラルが豊富です。

ご⇒ごま   ごまやナッツ類は栄養が高くビタミンb群やビタミンEがたっぷり。

       老化を抑える抗酸化栄養素も含まれています。

わ⇒わかめ  わかめやひじき海苔などの海藻類はミネラルやビタミン食物繊維が豊富。

       肥満や動脈硬化予防に効果的です。

や⇒やさい  緑黄色野菜、淡色野菜は食物繊維やビタミンの宝庫です。

       地元で作られた旬なものを食べたいですね。

さ⇒さかな  魚類は良質なたんぱく質。アジやイワシなどの青魚には脳の働きを

       活性化するDHA・EPAが含まれています。

し⇒しいたけ しいたけ、しめじ、えのきなどキノコ類はビタミンB群ビタミンD

       食物繊維が豊富。しかも低カロリーです。

い⇒いも   さつまいも、さといも、こんにゃくなどのイモ類にはビタミン

       カルシウム食物繊維が多く含まれています。

 

家族みんなでバランスの取れた食事をおいしく食べたいですね😊♡ 

ブログ担当は 歯科衛生士 小川でした🐑

唾液の3つの役割 2021年3月8日(月)

食べる時、なくてはならないのが唾液です。唾液は噛むほどよく出てきます。

唾液には大きく3つの役割があります!

①入口の門番

食べ物はすべてが安全なものではありません。病気を引き起こす細菌や発がん性物質、過酸化脂質などが含まれている場合があります。

唾液は、これらの有害なものを減らし、体内への侵入を防ぐ効果が期待できます。

②消化・吸収を助ける

唾液と食べ物が混ざり合うと、消化を助ける成分が働き、胃の消化・吸収を助けます。また、唾液には美味しさを感じさせたり、

食べ物を湿らせて飲み込みやすくする働きもあります。

③むし歯予防

食後の口の中は、むし歯菌が活動しやすい酸性になります。唾液は、口の中に残っている食べかすなどを洗い流し、

酸性から食前の中性に戻す働きがあるため、むし歯予防に役立ちます。

 

食事の際に、水分で流しながら食べていませんか?

めん類などスープの多い食べ物を食べる時、噛んでいますか?

唾液をたくさん出すために、ゆっくりよく噛んで食べましょう😁🍚

 

 

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤 でした 🐹

PМTC ☆プロによるお口のクリーニング 2021年3月5日(木)

こんにちは🐧今日はオススメのクリーニングのお話をしたいと思います。

PМTCという言葉を聞いたことがあるでしょうか?PМTCとは・・・

P(プロフェッショナル):専門家による

М(メカニカル)    :専用の機械を用いた

T(トゥース)     :歯の

C(クリーニング)   :クリーニング

この言葉を略したものになります!

それではなぜPМTCをした方が良いのかと言いますと・・・

歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目など歯垢(プラーク)が溜まりやすい所です。

歯垢の中のばい菌が繁殖するとやがて歯ブラシでは落とすことのできない

ばい菌の集合体(バイオフィルム)となり放っておくと虫歯や歯周病、口臭

全身の様々な病気の原因になります。

PМTCでは専用の機械を使用してバイオフィルムを徹底的に取り除く

お口のクリーニングを行い、歯の表面を磨くことで汚れをつきにくくします。

 

まずは、お口の中の状態を確認し、歯石を

綺麗に取ります。

 

 


次に専用のペーストとブラシとカップで

歯の表面と歯茎の中、2~3ミくらいを

ツルツルに磨きます✨

 

すべて磨き終わると歯の表面は汚れが

付きにくい清潔な状態になります😆

 

 

 

PМTCは柔らかい特殊な器具を使用するので痛みはありません

コーヒーやお茶などでついた着色などが気になる方にもオススメします

PМTCを1~3カ月に1度定期的に行うことで効果的に虫歯や歯周病を予防するこが出来ます。

あなたの歯と全身の健康を守るためのも定期的にPМTCを受けることをオススメします 🙂

本日のブログは歯科衛生士 小川でした🌷

歯周病の予防とケア    2021年3月4日(木)

 

こんにちは😊

歯周病の予防とケアって何を思い浮かべますか?歯周病にはバイオフィルムと免疫が深く関係をしていて、歯周病の進行停止や予防には口腔内の細菌コントロールが重要です。

歯周病の進行停止には、原因であるバイオフィルムを除去することが大切になってきます。

 

・バイオフィルムを除去するにはプロによる物理的(機械的)除去であるSRPが必要

・バイオフィルムの再形成の阻止(予防)にはプロケアとセルフケア であるブラッシングやフロスなどが必要

更にセルフケアであるブラッシング時に、殺菌成分入りの歯磨剤を使用すれば効率よくプラーク除去をすることができ、プラークの再付着も抑える働きをしてくれます。

歯周病の予防とケアには、ご家庭でするセルフケアだけではなく、歯科医院でのプロケアを合わせてすることがポイントになります。

担当は 歯科衛生士山田

 

むし歯になりやすい時期を知ろう! 2021年3月2日(火)

年齢による口腔内、生活環境の変化によってむし歯のリスクは変動します。

各ライフステージにおけるリスクを知って、むし歯の予防を心がけましょう!

 

 

 

 

<幼児期> 生後6か月頃

  乳歯が生え始める

・離乳食が始まる

・未成熟なエナメル質(乳歯)

・唾液腺の未発達

 

 

 

 

<幼児期> 3歳頃

 乳歯が生えそろう

・親の唾液からむし歯菌が感染しやすい

・親と同じものを食べ始める

 

 

 

お子さんの虫歯予防には、定期的なフッ素塗布が効果的です!

 

 

<学童期>6歳~10歳頃

永久歯が生え始める

・未成熟なエナメル質(永久歯)

・乳歯と永久歯が混在した凹凸の歯並び

・自分で歯磨きするようになる

・親の仕上げ磨きがなくなる

 

<思春期>12歳~18歳頃

永久歯が生えそろう

・お小遣いで買い食いができる

・部活でスポーツドリンクを頻繁に飲む

・成長ホルモンの変化で歯肉炎が増える

 

 


生活習慣や環境の変化で、むし歯になるリスクが高くなります!

 

<成人期・妊娠期>20歳~50歳

 歯質が成熟する

・働き盛りで歯医者に通う時間がない

・歯肉炎の原因となるタバコやお酒がokになる

・治療した歯が再びむし歯になりやすい

・唾液pHの低下(妊娠期)

・内分泌機能の低下(妊娠期)

 

<高齢期>60歳以降

 歯質の衰えがみられる

・歯肉が痩せて歯の根が見える

・生活習慣病が増える

・唾液分泌量の低下

・咀嚼機能の低下

 

 

これまでの生活習慣や歯のケア不足が原因で、歯の喪失率が高くなります!

むし歯や歯周病の発症を未然に防ぐために、定期健診をオススメします!

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤 でした😊

1 2 3 7 »
PAGETOP