歯医者さんでクリーニングを行い白くきれいな歯になっても、しばらくすると茶渋などの着色汚れが気になりませんか?

これはステインと呼ばれるもので、紅茶やコーヒー、赤ワインなどの色素や、

タバコのヤニなどが歯の表面のペリクル(唾液成分でできた薄い膜)に取り込まれ蓄積されたものです。🍛🍷🚬

 

🦷ステイン形成のメカニズム🦷

1⃣クリーニングを行った後は、歯の表面がツルツルに磨かれているため、歯垢や汚れがつきにくい状態です。

2⃣しばらくすると、歯を守るためにペリクルとよばれる唾液から作られたタンパク質の薄い膜が、歯の表面を覆います。

3⃣飲食物に含まれる色素やタバコのヤニなどがペリクルに付着すると、少しずつ着色し、くすみや黄ばみが気になり始めます。

4⃣着色ペリクルが蓄積されると、色が濃くなり、やがて歯磨きでは簡単に落とすことができない固着したステインとなります。

 

🦷3つのポイント🦷

白い歯を長く保つためには、お口の中を着色しにくい環境に整え、ステインの沈着を予防するための日々のケアが大切です✨

①✨歯磨きには、、ステインの着色に効果がある美白歯磨剤などの使用をお勧めします。

②✨着色しやすい飲食物などはなるべく控えるようにしたり、摂取後は丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

(着色しやすいもの:色の濃い飲み物や食べ物、タバコなど)

③✨定期的な歯科医院でのメンテナンスを行い、歯垢やステインの除去と歯の表面を磨くクリーニングを行うようにしましょう。

 

ブログ担当 歯科衛生士 伊藤でした 😁